マネーフォワード、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の福岡銀行、熊本銀行、親和銀行とAPI連携を開始

 マネーフォワードは、ふくおかフィナンシャルグループが提供する参照系APIならびに更新系APIとの連携を開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] クラウドコンピューティング

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の連携により、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の福岡銀行、熊本銀行、親和銀行の顧客口座とスムーズな連携が可能になる。

参照系API連携

 参照系API連携により、グループ銀行の口座所有者は、連携サービスである自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』や、ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』上で、残高情報や入出金履歴などを確認できるようになる。個人口座との参照系API連携は、11月26日開始を予定しているという。

更新系API連携

 更新系API連携により、クラウド型経費精算システム『MFクラウド経費』から、ワンクリックでグループ銀行各行のへの振込依頼が可能になる。