SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「インサイトフルな組織」とは?

“インサイトバカの壁”を突破する、「インサイトの検証」と「ニーズセグメンテーションからの脱却」とは?

インサイトフルな組織 第7回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ターゲットは「ニーズセグメンテーション」ではなく、「インサイト」で決める

 一方、今まで常識とされていた「ターゲットのセグメント」についても、多くの問題があるように感じている。「簡便志向」「健康志向」「プレミアム志向」などの顕在化しているニーズによってターゲットを分割=セグメントする、いわゆる「ニーズセグメンテーション」が多くの企業で採用されている。

 ニーズに基づいて自社商品を割り当て、同様のニーズを充たそうとする競合商品と微細な差別化をはかろうとあくせくしているのが現状ではないだろうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「インサイトフルな組織」とは?連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大松 孝弘(オオマツ タカヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング