DNP、キャッシュレスプラットフォームの提供を2019年1月より開始

 大日本印刷(以下、DNP)は、カード発行会社や店舗のキャッシュレス対応をトータルに支援する「キャッシュレスプラットフォーム」の提供を2019年1月に開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 キャッシュレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回DNPが発表したプラットフォームは、決済手段、スマートフォン向けアプリサービスや決済端末、本人認証サービス、会員管理や加盟店管理、プロセッシング機能、マーケティング機能などをトータルで提供するもの。

 2019年度には、キャッシュレス推進協議会が進めるQR/バーコード決済の標準化に対応した、スマートフォンでのQR/バーコード決済サービスも提供する予定という。

「キャッシュレスプラットフォーム」の主な機能とサービス

  1. ユーザーフロントサービス:標準仕様に対応したQR/バーコード決済機能、トークナイゼーションサービス、バーチャルカードにも対応したカード発行機能、モバイルWalletアプリサービス、金融機関向けアプリサービス、生体認証を含めた本人認証機能
  2. 店舗向け決済端末:決済端末提供サービス
  3. 決済ゲートウェイ:多様化する決済手段に対応したクラウド型決済サービス(クレジット、ポイント、電子マネー、QR/バーコード決済、ハウスプリペイドなど)
  4. アクワイアラ代行サービス:アクワイアリング支援サービス
  5. イシュア代行サービス:プロセッシング機能、会員管理機能(国際ブランドプリペイド、国際ブランドデビット、ハウスプリペイド、ポイントなど)

 DNPは、顧客情報と決済情報を組み合わせた分析結果をもとに、顧客に対してデジタルマーケティング機能も提供していくという。