新規事業開発の成功率を高める組織作り――新規事業のために検討すべき3つのステップとは?

第1回

[公開日]

[著] 北嶋 貴朗

[タグ] 事業開発 新規事業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業へのアプローチを決める“目線”と“定義”――新規事業を方向付ける“3つの軸”とは?

 新規事業開発では、目的と意義の次に「目線や定義」を決める必要があります。これを定めるにあたっては、大きく下記の3つの軸で検討を進めます。

新規事業における目線と定義を決める上で必要となる判断軸新規事業における目線と定義を決める上で必要となる判断軸

  • 市場軸:どのような市場や領域/分野で展開するか。既存事業のアセットを活用できる市場か、新しい市場を創出するかなど。
  • 時間軸:どの程度の期間で事業としての成果創出を目指すか。短期的な貢献を目指すか、中長期での成長を目指すかなど。
  • 規模軸:どの程度の規模感の事業を目指すか。どの程度の売上や利益、シェアや顧客数を実現すれば成功とみなすかなど。

 まず市場軸においては、自社にとって新規事業開発に取り組むべき市場を定義する必要があります。ここでは、自社の既存事業で保有するアセットを活用できる市場か、既存のアセットの活用は難しいが、市場の規模や成長率が見込める市場を選定するかが大きな論点となります。

 時間軸においては、どの程度の期間で事業としての成果や貢献度を判断するかを、あらかじめ検討することが重要です。半年〜2年の短期/短中期での売上や利益の創出を狙うのか、あるいは3〜5年といった中長期、もしくは5〜10年以上の長期の期間で事業としての成果創出を目指すのかを決めていきます。

 規模軸においては、最終的にどの程度の売上や利益、市場におけるシェアや顧客数といった定量的な指標を目指すかを検討します。新規事業開発を成功と見なすゴールを、経営陣と事業開発のチームやメンバーとの間で丁寧にすり合わせることが必須です。

 この3つの軸で検討することで、新規事業の目線や定義を明確にすることが可能です。

 これが明確になっていない状態で事業開発に着手してしまうと、社内での新規事業開発に対する意思統一ができません。それによって、最適な戦略やアプローチを選択できなくなってしまいます。また、事業の成果や貢献が適切に評価できないため、成功の可能性がある事業からの撤退を判断してしまうことも起こりえます。

 今後の成長の芽を自ら摘んでしまうことを避けるため、検討の初期段階で目線や定義を明確にし、社内で共通認識を持つことを徹底する必要があります。

バックナンバー