SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

自律型人財に必須の“VRA”とは?

確実に問題解決に向かうためのアクション──バイアスを取り除く「変革目標」と継続のための「優先順位」

第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

効果的なアクションを妨げるのは個人の価値観と結びついた“バイアス”

 バイアスとは、統計学では「偏り(真の値との差、偶然ではない誤差)」を指しますが、最近では一般的な用語としても広く使われるようになっています。ここでは固定観念(決めつけや思い込み)という意味で使用します。

 前述のような「コインの裏返し」や「モグラ叩き」といった効果的でない打ち手を考えてしまう状況には、その人のバイアス、つまり固定観念があることが一つの理由として考えられます。「バイアス」を紐解いていくと、実は個人の考え方や価値観と密接に結びついていることが分かります。たとえば先ほどの「会議では遠慮してしまい、自分の意見を積極的に発言できていなかった」という課題について考えていきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
自律型人財に必須の“VRA”とは?連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

杉山 誠(スギヤマ マコト)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング