ビジネスコミュニティの「レシピ」──熱量を絶やさず、オープン・イノベーションに繋げるポイントとは?

第3回

 本連載では、新規事業開発の成功のポイントとして、リアルな現場での経験をもとにしたオープン・イノベーションの具体的な方法論について、前編後編に分けて考察しました。続く本稿では、Smart Kitchen Summit Japanを主催し、コミュニティ活動を推進している我々シグマクシスの視点で、最近顕著に増えてきたミートアップや異業種横断型のイベントをどう捉え、ビジネスコミュニティの構築や新規事業開発の成功に繋げていけばいいのか、そのヒントを探っていきたいと思います。

[公開日]

[著] シグマクシス / マルチサイドプラットフォーム チーム

[タグ] コミュニティ オープン・イノベーション 事業開発 企業戦略 ビジョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、ビジネスで必要とされているコミュニティとは

 2018年8月、東京ミッドタウン日比谷。約300名の食のイノベーターが「Smart Kitchen Summit Japan」の会場に集まりました。この「食・料理×テクノロジー」をテーマにしたグローバルカンファレンスでは、国内外の食・料理に関わる領域で新たな挑戦を志す大手企業、ベンチャー、デザイナー、アカデミア、シェフといった幅広い分野の有識者や企業関係者が来場。プレゼンテーションやパネルディスカッションを通じて日本のキッチンの未来について熱い議論を交わしました。イベントの盛り上がりを受け、様々なメディアにも取り上げられ、フードテックのコミュニティへの注目が日増しに高まっています。(参考:昨年のイベントのレポート記事

 そもそもコミュニティとは何か?

 アメリカの社会学者であるロバート・M. マッキーバーの定義によれば、「一定の地域のうえに展開される自生的な共同生活の集団」であり、対する概念として、アソシエーション(ある特定の関心を追求し,一定の目的を達成するためにつくられる社会組織)を定義しています。これまでのビジネスにおけるコミュニティは、後者のアソシエーションの概念に近いものでした。

 しかし、今求められている「コミュニティ」とは、アソシエーションの定義を包含しつつ、自然発生し、自ずと広がり続ける集団です。また、単に目的達成を目指すのではなく、共同生活のように、共感できる相手と助け合いながら、成長していく集団になります。このようなビジネスコミュニティには、3つのポイントがあります。詳しくみていきましょう。

バックナンバー