ナーブとIDOM、クルマのサブスクサービス「NOREL」で乗りたいクルマをVRで探せるサービスを開始

 ナーブとIDOMは、IDOMが運営するクルマのサブスクリプションサービス「NOREL(ノレル)」が取り扱う実車の情報を、VRで閲覧・体感できる新サービスを8月1日より開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 VR サブスクリプション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDOMが運営するNORELは、サブスクリプションの仕組みを使って気軽にクルマを「借りる」ことができるサービス。顧客のライフステージや季節の変化に合わせて「NORELコンシェルジュデスク」が最適なカーライフプランを提案する。

 今回の新サービスでは、コンシェルジュデスクと気軽に遠隔(テレビ電話)でカーライフの相談をしながら、その場で気になるクルマをVRで体感することができるようになるという。

 両社はこのサービスを、千葉県船橋市の津田沼PARCOほか、関東の計3施設から開始した。