竹中工務店、まちの状態可視化ツール「ソーシャルヒートマップTM」を開発

 竹中工務店は、AIが位置情報付きのSNS投稿内容を分析し、実際にその場所を訪れた人が思ったこと・感じたことといった質的な評価を可視化するツール「ソーシャルヒートマップTM」を開発した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このツールは、位置情報付きのSNS投稿内容を独自アルゴリズムで構成されたAIによって分析し、まちに関するSNS投稿内容のみを抽出。投稿内容から投稿者の属性(性別や年代などを推定)、カテゴリ(食事、イベントなど何についての投稿かを10個に分類)、印象(ポジティブ/ネガティブ)を分類し、その場所の質的評価として蓄積する。蓄積したデータを「マッピング」、「グラフ化」、「キーワード表示」で可視化する。

 従来からまちづくりに活用されていた政府や自治体の公開データ、まちの人の流れを示す人流データや商品等の購買データなどを補完し、テナント誘致、まちの活性化施策、社会課題解決に向けて有用なデータを提供する。

 また、今後より精度の高いデータが提供できるよう、自治体や民間企業との実証実験を進めていくとしている。