WHILL、JAL、日本空港ビルデング、羽田空港における次世代型電動車椅子の自動運転の試験走行を実施

 WHILL、日本航空(以下、JAL)、日本空港ビルデングの3社は、空港を利用する全ての人にシームレスな移動を提供することを目的に、自動運転パーソナルモビリティ(次世代型電動車椅子)の共同プロジェクトとして、羽田空港での電動車椅子の試験走行を実施する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー MaaS 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 試験走行は、2019年の11月2日、3日に、羽田空港第1ターミナル南ウイング(3-9番搭乗口とコンコース間)で実施する。長距離の歩行に不安を感じられる人で、かつ自動運転パーソナルモビリティの乗車を希望する利用客に対して、WHILLが開発する自動運転技術を搭載したパーソナルモビリティ「WHILL自動運転システム」を利用して、搭乗口まで案内するという。

 今回実験で使用する「WHILL自動運転システム」は、WHILLのパーソナルモビリティに自動運転・自動停止機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」と、複数の機体を管理・運用するシステムから構成される、歩道・室内領域のための自動運転システム。搭載したセンサー群で周囲の状況を検知して、自動停止を行うとともに、あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせ、自動走行を行う。空港をはじめ、駅、商業施設などの大型施設での利用を視野に入れている。

 WHILL、JAL、日本空港ビルデングの3社は、2020年度中の空港における自動運転パーソナルモビリティの商業化・実用化を目指すとしている。