Biz/Zineニュース

ブイキューブ、Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」の教育機関など非営利団体への無償提供

 ブイキューブは、新型コロナウィルスの感染の拡大に伴い、小中学校の臨時休校対策や企業のテレワーク導入・活用に取り組む教育機関、NPO・NGO、政治団体、政治家事務所などの非営利団体向けに、Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」の無償提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイルIT 感染症対策 Web会議

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウィルスの感染の拡大に伴い、出社禁止によるテレワーク導入が急速に進むとともに、先日発表された小中学校の臨時休校対策として遠隔授業へのニーズが急速に高まってきている。ブイキューブはWeb会議市場で12年連続シェアNO.1のリーディングカンパニーとして、多くの企業のテレワーク、働き方改革の実現に向けたWeb会議の導入を支援してきたという。また、テレワークの会議利用だけでなく遠隔授業、遠隔診療など様々な分野での利用も多くの実績もあるとしている。「V-CUBE ミーティング」は映像と音声だけでなく、画面や資料を共有しながら双方向でのコミュニケーションが可能。初めて使う人でも簡単に使えるシンプルなUIと操作性が特徴で、パソコン、スマートフォン、タブレットなどデバイスから利用ができる。また、自社開発のサービスでデータセンターも国内で運用しながら安全なデータ管理が行われているため、安心して導入できる体制を整えているとしている。

無償提供の詳細

  • 提供サービス:Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」
  • 無償提供の対象:教育機関、NPO・NGO、政治団体、政治家事務所など500人以下の組織かつ非営利団体(法人登記は不要)
  • 利用可能なプラン:1つの契約あたり10IDまで
  • 無償提供期間:2020年3月2日から5月末日まで(新型コロナウィルスの状況によって期間を検討)
  • 申込方法:Webサイトからお申し込み