Biz/Zineニュース

スターバックス コーヒー ジャパン、手話が共通言語になる“サイニング ストア”のオープンを発表

 スターバックス コーヒー ジャパンは、国内初、世界では5店舗目となる聴覚に障がいのあるパートナー(従業員)を中心に手話を主なコミュニケーションツールとして使用し運営する“サイニング ストア”を2020年夏に東京・国立市にオープンすることを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ダイバーシティ 小売 インクルージョン NO FILTER

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープン予定を発表した“サイニング ストア”は、聴者と聴覚に障がいのあるパートナーが共に働き、多様な人々が自分らしく過ごし活躍できる居場所の実現を目指した、スターバックスのダイバーシティ&インクルージョンを象徴する店舗の一つになるとしている。国立市付近にはろう学校があり、ろう文化に関して理解のある地域であると考えたため、この度の出店決定に至ったと背景を述べた。

「NO FILTER」の実現に向けて

 スターバックスは、これまでもスターバックスの価値観の一つである「お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化」を大切にしてきたという。その文化を日々店舗で体現するパートナーはブランドの中心であり、基盤でもあると語る。スターバックスは、お客様、地域社会、そしてパートナーがお互いを尊重し、高め合える、人を大切にする活力あるブランドでありたいと考えている。2018年からはダイバーシティ&インクルージョンのテーマとして「NO FILTER」を掲げ、「先入観や思い込み、偏見を持たず、人種、年齢、性別、役割や雇用形態、障がいの有無、個人の価値観などの違いを超えてすべての人を温かく迎え入れ、認め合い、そして一人ひとりが自分らしくいられる社会」の実現を目指していると述べた。