Biz/Zineニュース

JX通信社、新型コロナウイルス感染症の国内外のリアルタイムな感染者数データのAPI提供を開始

 JX通信社は、速報ニュースアプリNewsDigestやAI緊急情報サービス「FASTALERT」を通じて公開している、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の国内外のリアルタイムな感染者数データのAPI提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 新型コロナウイルス 感染者数

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染症の感染者数データについては、国内でも発表主体により集計の方法や発表のタイミングが異なっていたり、途中で発表方法が変更されたりするなどしている。加えて、感染者数自体の増加もあり、常にリアルタイムな状態で正確な数値を捕捉することは困難になりつつある。

 JX通信社では、報道ベンチャーとして報道各社にAI緊急情報サービス「FASTALERT」を提供するなど、ニュース速報を専門的に取り扱っている。また、2月16日からは国内でいち早く、速報ニュースアプリ「NewsDigest」に新型コロナウイルス感染者数のマップ、グラフを公開し、3月16日現在、100万人以上のユーザーに利用されている。こうしたノウハウをもとに、最も速く、詳細で正確な感染者数の集計データをAPIで提供することを開始した。

 企業がこのAPIを利用することで、国内外の正確な感染者数を把握できるだけでなく、各社の運営サービス、サイネージ等への表示に組み込むことも可能。結果、各社のサービス利用者に最新で正確な情報提供ができるようになるという。APIは、新型コロナウイルス感染拡大の収束まで、利用が可能だとしている。

「FASTALERT」で新型肺炎に関連する確度の高い情報のみ配信する特設ページを開設

 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の国内外の感染者数速報や企業の対策動向、海外のニュース速報、行政や有識者からの情報などをAI(人工知能)で収集・配信する特設ページの提供を開始。

無料の速報ニュースアプリ「NewsDigest」でも新型コロナウイルス関連情報を提供

タイトル

 速報ニュースアプリ「NewsDigest」では、新型コロナウイルス感染症関連のニュースをチェックできる「新型肺炎」タブと「国内感染状況マップ」を公開。