Biz/Zineニュース

MELTIN、アバターロボット実証試験機「MELTANT-β」を発表

 メルティンMMI(以下、MELTIN)は、アバターロボット実証試験機「MELTANT-β(メルタント・ベータ)」を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MELTINは2018年3月にサイボーグ技術のノウハウを活かして開発したアバターロボットのコンセプトモデル「MELTANT-α」を発表していた。今回発表した「MELTANT-β」は、様々な顧客やパートナー企業の声を反映し、作業現場での実証実験用に進化したモデル。危険作業、高温・低温環境、化学・生物・放射能汚染環境、宇宙でのアバターロボットの活用を検討している企業や政府関連機関等との実証試験に活用していくという。

 コンセプトモデル「MELTANT-α」は、ワイヤー駆動などMELTINのコア技術を全面に押し出すデザインだったが、MELTANT-βは引き続きワイヤー駆動を用いつつ、現場での実用性を考慮し、粉塵や火花の散る環境でのオペレーションが可能となった。これにより、工具を用いた実際の作業が可能となっている。

 αからβへの具体的な主な改良項目としては、移動機能の強化、αで搭載されていた圧力に加え、質感を感じることのできるハプティクス、握力の向上、自由度の向上、粉塵への耐性の向上、ワイヤーなどの取り回しの最適化等がある。

 今後は、MELTANT-βによる実証実験を踏まえた実用量産モデルを開発し、順次市場投入を予定しているという。また、MELTINで開発する機体をベースモデルとして様々なユースケース毎に仕様をカスタマイズし、最速で各ニーズに対応できるようなビジネスモデルを構築しているとしている。