Biz/Zineニュース

インフキュリオン・グループ、NTTデータとの資本業務提携を発表

 インフキュリオン・グループは、エヌ・ティ・ティ・データ(以下、NTTデータ)と資本業務提携に合意した。今後、金融機関向けに共同で銀行ウォレットサービスを提供していく予定。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 金融 DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金融・決済領域を中心とした豊富な知見とテクノロジーを強みとする事業開発カンパニーであるインフキュリオン・グループは、ウォレットASPシステム「ウォレットステーション」を中心とした、金融機能のサービス化(BaaS[Banking as a Service])基盤を金融機関や提携企業向けに推進している。今回の資本業務提携により、NTTデータが有する高度な金融システムの豊富な実績・ノウハウを活かし、加速する金融変革をリードしていくという。

 金融業界のデジタルサービス化という潮流を受け、先進的な金融機関は、自社のデジタル・トランスフォーメーション(DX)や、BaaSを起点とした異業種との連携を通して、銀行口座を活用した新たなユーザー体験の創出に取り組んでいる。

 インフキュリオン・グループは、革新的な金融DXおよびBaaS基盤を提供する日本発のプラットフォーム企業として、金融機関の変革をサポートしていくとしている。