SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

リモート時代のプロジェクトの進め方

自律分散なプロジェクト進行を可能にする「プ譜」とは?──“現在”“未来”“過程”を1枚で可視化する

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

プ譜があればリモートワークでのプロジェクト進行もうまくいく

 先ほど、リモート下のプロジェクトでは、ドクトリンの共有とメンバーが自分の仕事の位置づけを把握することの重要さをご紹介しました。

 このドクトリンに該当するのが、プ譜の「勝利条件」と「中間目的」です。そして、個々のメンバーの仕事が「施策」に該当します。自分の仕事がどの中間目的に紐づいていて、それが他社のどの仕事に影響を与えているのか、プ譜によって明確になるのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
リモート時代のプロジェクトの進め方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

前田 考歩(マエダ タカホ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング