連載・コラム リモート時代のプロジェクトの進め方

自律分散なプロジェクト進行を可能にする「プ譜」とは?──“現在”“未来”“過程”を1枚で可視化する

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業がリモートワークを導入するようになりました。新規事業開発や組織変革といった複数人で進めていく抽象度の高い仕事すらも、リモートで行わなければならなくなっています。こうした状況下、プロジェクトのマネージャーは、離れたところにいるメンバーと、ゴールの設定や共有、進行の管理をしなければなりません。
 本連載では、『紙1枚に書くだけでうまくいく プロジェクト進行の技術が身につく本』でも取り上げている、プロジェクトのゴールと過程を1枚で共有する「プ譜(プロジェクト譜)」を用いてリモートワークでもプロジェクトを進行させる方法を、2つの事例とともに紹介していきます。

[公開日]

[著] 前田 考歩

[タグ] プロジェクトマネジメント 事業開発 リモートワーク プロジェクト プ譜

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートワークがあぶり出したプロジェクト進行の“課題”

 リモートワークといえば、少し前まで「先進的なIT企業が導入するもの」あるいは「“リモートでも問題ない”業務で行うもの」でしたが、新型コロナウイルスという外的要因により、あらゆる職種で一気に広がりました。エンジニアが様々なITツールを駆使して進める業務、テレアポやデータ入力といったマニュアルが存在する業務だけでなく、新規事業開発やプロダクト開発、組織変革や業務改革といったマニュアルのない業務すらも、リモートで行わなければならなくなっています。

 マニュアルが存在しない、業務に携わる当人にとって未知の要素が少しでもある仕事を“プロジェクト”と呼びます。

 プロジェクトを進めていくためには、事前に計画を立て、プロジェクトメンバーに作業を割り振り、漏れなくダブりなく要件を整理・決定することが求められることは皆さんご存知でしょう。また、元々の計画では想定していなかったトラブルに遭遇したり、メンバー間やステークホルダー間で、成功の定義や進め方のイメージがズレていることで、プロジェクトが失敗・炎上したりという経験をお持ちの方もいるかもしれません。

 皆がオフィスで仕事しているのであれば、マネージャーは「どんな感じ?」と声をかけることができますし、メンバーも気軽に質問することができます。多くのプロジェクトは、このような細かいコミュニケーションの積み重ねで微調整されてきました。リモートワークによって物理的に分断されているなか、細かい声かけなどは減少しているのではないでしょうか。

 もちろん皆がリモートワークするようになっても、チャットツールで同様のコミュニケーションを取ることは可能ですし、ビデオ会議でお互いの表情を見ることも可能です。それでも目の前にいる人に聞く、人と話す、声をかけるといった行為は、手軽にはできなくなります。

 「ちょっといいですか」から始まるコミュニケーションで保たれていたプロジェクトは、マネージャーやメンバーがそれぞれ別の場所で仕事をするようになったことで、微調整されず硬直化してしまったり、元々定めたゴールとは異なる方向に進んでしまったりするかもしれません。

 では、リモートでのプロジェクト進行は、どのような点に気をつければいいのでしょうか。

バックナンバー