Biz/Zineニュース

グッドパッチ、リアルタイムで共同編集可能なクラウドワークスペース「Strap」β版の利用登録を開始

 グッドパッチは、クラウドワークスペース『Strap(ストラップ)』のβ版の利用登録を2020年4月23日に開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイルIT ワークプレイス プロジェクトマネジメント 事業開発 オンラインファシリテーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドワークスペースStrapとは

 Strapとは、チームでプロジェクトを進める全ての人向けのクラウドワークスペース。リアルタイムで図解やテキスト情報の共同編集が可能となり作業・コミュニケーションの効率化を実現し、共創を通じて新しい価値を生み出すもの。

 テレワークが加速し、同じ場所にいる制約を飛び越えながらプロジェクトを推進することがどの企業でも必要になる今、ホワイトボードを見ながらチーム全員で情報を共有し作業するようなコラボレーション空間をオンラインで実現する。

こんな人におすすめ

  • リモート会議でオンラインホワイトボードとして利用し、会議の質を向上させたい方
  • 人に伝わりやすい図を効率よく作成して、資料の質を向上させたい方
  • 多くのフィードバックを重ね、チーム間のコミュニケーションの質を向上させたい方

Strapでできること

  • プロジェクト進行における情報/画像の一元管理
  • 付箋を利用した情報整理
  • ペルソナやカスタマージャーニーマップの作成
  • プレゼンテーション資料の作成
  • かんばんを使ったタスク管理(機能追加予定)
  • マインドマップを使った思考の整理(機能追加予定)

 Strapはプロジェクトに関わる一人ひとりの思考をつなぎ、プロジェクトを前進させる。チームにおける情報、コミュニケーション、成果物などの様々な「つながり」を支援し、コラボレーションの可能性が広がる世界を目指すとしている。

Strapパブリックβ版について

 現在、アドウェイズ、エムスリー、HiCustome、Rettyなどのトライアルパートナーで先行利用しているパブリックβ版について、利用登録希望の法人向けに順次トライアルとして無料提供を実施。詳しい流れは登録が案内をする。

機能紹介

1:同時編集機能

Strap

 同じボード上で複数名の同時編集が可能。チームメンバーのカーソルの動きや思考過程が確認できるためチーム全員がアイディアを理解しやすくなることにより、共通認識が迅速に育まれコミュニケーションの流通量を増やす。

 テレワーク環境下ではリモート会議ツールと併用し、付箋を貼る、図を書くといったオンラインホワイトボードとしても活用可能。会議室と同じような環境を実現することにより、リモート会議の質を向上させる。

2:テンプレート機能

Strap

 事業立ち上げから運用に至る過程で役立つビジネスフレームワークなどのテンプレートを使い、人に伝わる図を簡単に作成することが可能に。

 テンプレートを利用するワークスペースは無限。広さを気にせず、作成が可能。プロジェクトに関する情報を集約、管理することにより必要な情報に簡単に共有できるようになり、コミュニケーションの効率化を実現する。

3:コメント機能(機能追加予定)

Strap

 作成した資料をStrap上で共有し、チームメンバーからフィードバックをもらうことができる。誰がどこにフィードバックしたか追うことができるため、経緯まで含め全員が共通認識を持つことができ、コミュニケーションの質が向上。より効率よくプロジェクトや思考を改善することが可能に。