Biz/Zineニュース

Sansan、あらゆる請求書のオンライン受領・一元管理を可能にするサービス「Bill One」を発表

 Sansanは、請求書のオンライン受領と一元管理を可能にするサービス「Bill One(ビルワン)」を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイルIT リモートワーク 請求書

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは、名刺を独自のテクノロジーとオペレーションによって正確にデータ化し、クラウド名刺管理サービスを提供している。Bill Oneは、このデータ化技術をもとに、あらゆる請求書のワンストップ受領、正確なデータ化、データベースでの一元管理を実現した新しいサービス。

 新型コロナウイルス対策でテレワーク導入が進む中、出社をしなくても請求書のオンライン受領・処理が可能に。なお、企業の新型コロナ対策支援として、Bill Oneを契約企業に3カ月無償で提供するとしている。

Bill Oneのサービスの流れ・できること

 Bill One契約企業は、請求書の受け取り先をBill One(Bill One専用メールアドレス・スキャン代行センター)にするため、請求書を発行する企業に対して、送付先の変更を依頼。Bill Oneは請求書の受け取りを代行し、どのようなフォーマットの請求書でもデータ化する。データ化された後、契約企業は、請求書情報をオンライン上で確認することができるようになる。

 Bill Oneで実現することは、次の通り。

・どんなフォーマットの請求書でも、ワンストップで受領

 請求書情報をデータ化する際にネックになるのが、フォーマットや送付方法が各社異なること。請求書は、紙やPDFで発行され、送付方法も郵送、メール添付など多岐にわたる。Bill Oneを使えば、請求書を発行する企業に、フォーマットや送付方法の指定を強いる必要はなくなる。Bill Oneに送付先を変えるだけで、Bill Oneが受け取りを代行し、契約企業は手間なく、オンラインでの受領を行うことができる。

・99.9%の精度で請求書情報をデータ化

 請求書情報は常に正しく、間違いがなく処理されなければならない。クラウド名刺管理サービス「Sansan」で培った、AI・OCR・入力オペレーターを掛け合わせたデータ化技術を用いることにより、請求書情報を99.9%の精度でデータ化することを実現。これにより、企業は安心して、データ化された請求書情報を処理することが可能に。

・データベースでの一元管理を実現

 正確な請求書データを蓄積し、請求書データベースを構築することができる。請求書の検索が簡単にできるようになり、他のシステムと連携させて活用することが可能に。

Bill One

Bill Oneを活用するメリット

 Bill Oneを活用することにより、契約企業は経営を強くする、次のメリットを得られることが可能だという。

・テレワークの実現・BCP体制の構築

 紙の請求書を処理するためには、テレワークが望まれる現在のような環境下においても、社員は出社をする必要がある。Bill Oneを活用することにより、請求書受領担当者や経理担当者は自宅にいながら、データ化された請求書情報を受け取り、確認することができる。Bill Oneは、請求書処理業務の停滞を防ぎ、企業のBCP体制の構築にも貢献することが可能だという。

・業務効率の向上

 オンラインで受け取った請求書は、専用のデータベース上で取り扱いが可能。請求書が入った封筒の開封や振り分け、社内での照会など、これまで発生していた非効率な事務作業をなくし、業務効率の向上に貢献。

・購買取引の見える化

 全ての請求書をデータ化し、コストや購買取引に関する情報を可視化して全社で共有できる。請求書の一元管理によるコストのコントロールだけでなく、そこから得られる情報を営業機会の創出、将来的な収益の最大化につなげることが可能に。

提供時期・金額・サービス提供体系

 Bill Oneは、現在機能開発中で、サービス提供は2020年5月11日(月)を予定だとしている。金額は一企業につき月額10万円(税抜)から利用することができる。請求書のデータ化数に応じて、従量課金される。なお、企業の新型コロナ対策を支援するために、契約企業に対し、Bill Oneを3カ月無償で提供するとしている。