SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

デジタル経営の実践と戦略

リテール業界での生き残りは事業再編と水平連携──DXを“コロナ対応”から“新たな価値提供”の手段へ

リテールAIセミナー2020レポートVol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

生き残りをかけた「事業再編」と「壁を超えた連携」

 何が自社の事業にとって望ましいのか。DXを手段として意識しながら新たな時代にフィットした事業の在り方を一から考え、試行錯誤していく。その効果について、立本氏は「経営学の観点からも“創発戦略”として望ましい方法だと思う」と述べ、「何か試して良いという感触を持てた時に、それをどのようにスケールし、自社の強みにしていくかを考えることも大切だ。たとえば、苦し紛れのオンライン接客が思いがけず効果的であることがわかったのなら、AIで顧客と接客者のマッチングを最適化するなど、サービスや付加価値としてブラッシュアップする必要がある。また、オンラインだけで考えず、リアルとの連動も考慮するといいだろう」と語った。

 実際、オンラインとオフラインだけでなく、ツールや環境なども柔軟に連携し、様々な“壁”がなくなりつつあるのは誰もが感じているところだろう。たとえば、業界や企業をまたいだ連携も可能だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
デジタル経営の実践と戦略連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング