Biz/Zineニュース

アドビ、クリエイターの創作活動を支援する1億円のファンドの申請受付を開始

 アドビ システムズは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で厳しい状況に置かれたクリエイターの創作活動を支援するためにグローバルで約1億円(100万米ドル)のファンド「Creative Residency Community Fund」を創設し、クリエイターからのプログラムへの参加募集を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 人材育成 クリエイター支援

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プログラムは2020年5月から12ヶ月間実施され、申請された候補者たちは毎月新しいクリエイティブプロジェクトを実施することなる。日本での申請は、本日から特設サイトにて開催された。なお申請は3か月ごとに締切り、選考期間を経て、随時結果を候補者に連絡する。詳細については以下のスケジュールとなっている。

Creative Residency Community Fund 申請について

 クリエイターから申請されたプロジェクトの企画内容やクリエイティブのスキルに応じて、個人の「クリエイティブプロジェクト」または「アドビ委託プロジェクト」のどちらかに申請可能。「クリエイティブプロジェクト」は個人の創作活動に対してのサポートで、企画のアイディアやその制作プロセスのシェアやタイムラインの提案をもとに選考委員会で審査する。また「アドビ委託プロジェクト」は会社のニーズやタイミング、個人のスキルや強みに応じてプロジェクトとのマッチングを行い制作活動のサポートを行う。例えば、Adobe.comのトップページのキービジュアルの制作、日本の記念日をアドビのソーシャルチャンネル上で祝うためのビジュアルの制作協力などを用意している。

 どちらのプロジェクトも対象に選定された場合5〜50万円の間でのCommunity Fundを受け取ることができる。さらに、Creative Cloudの1年間の無償ライセンスやキャリアガイダンスのワークショップなど追加サポートも受けることができる。

申請資格:世界中のクリエイターが申請可能で下記の事項を満たす必要がある

  • 日本プロジェクトへの申請:日本語でのコミュニケーション
  • グローバルプロジェクトへの申請:英語でのコミュニケーション
  • 18歳以上(学歴不問)
  • ビジュアル制作が可能なクリエイター
  • クリエイティブ分野:様々なジャンルのビジュアルデザイン分野のプロジェクト:ビデオ/写真・フォトアート/グラフィックデザイン/イラスト/3D/モーションデザイン/プロダクト・インターフェイスデザイン (UI/UX)

スケジュール

 以下のスケジュールに従って、申請を受け付け審査する。

タイトル

Adobe Creative Residencyについて

 Adobe Creative Residencyはキャリアをスタートさせたばかりのクリエイティブプロフェッショナルに、1年間個人のプロジェクトに集中できる機会を与え、実験や新しい学びを通して自分自身のクリエイティビティーを追求するクリエイターのキャリア支援プログラム。2015年からプログラムがスタートし、アメリカ、ドイツ、イギリス、日本にも拡大してきたもの。毎年、多くのクリエイターからの応募があり、上記以外の国からもプログラムに参加を希望する声もあり、プログラムへの関心が高まり続けている。今年は、COVID-19によるクリエイティブコミュニティからサポートを希望する声やニーズを受け、より多くのクリエイターが活用できるよう、プログラムを再編成しCreative Residencyに加えてCommunity Fundプログラムも実施する。