Biz/Zineニュース

マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、スマートファクトリー推進に向け協創開始

 マクニカ、損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)、SOMPOリスクマネジメント(以下、SOMPOリスク)は、振動センサー等を使用した重要設備の状態監視や可視化、センシングデータの蓄積が可能となるIoT製品のパッケージ提供と、それらデータや技術を用いた保険の開発ならびに最適な保険提案を行う新サービスを協同して提供する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 保険

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカは、グループの持つ多様な商品ラインナップや技術力を活かして、製造業を中心に、コンサルティングから、センシングデータ収集、AIモデルの開発・組み込み、システム運用までをワンストップでサポートしている。また、IoT製品「SENSPIDER」やセンシング端末などのハードウェアの開発、データ生成ツールや分析ツールのソフトウェアの開発も行っている。

 損保ジャパンとSOMPOリスクは、企業向けの建物(工場)や設備・機械の損害を補償する保険およびその関連サービスを提供している。

 3社でマクニカのIoT製品やシステムに保険やサービスをパッケージ化して提供することで、重要設備の稼働状況データの蓄積、可視化が容易になる。設備の事故・故障の予知によって事故や故障で製造が止まることを未然に防ぐことができるだけでなく、収集される稼働状況に関するデータをベースに、適切なリスク管理が可能となるため、稼働状況に応じた工場ごとの最適な保険の提案も可能だという。

 マクニカと損保ジャパン、SOMPOリスクは、企業ニーズに応じた最適な提案を共同で行い、日本の製造業のスマートファクトリー化を支援していく。

 また、クラウド上に集約したデータをもとに、モニタリングやAIにて異常検知・予知保全を行い、最適な保険の開発・提供をすることで、日本の製造業の国際競争力の強化に貢献するとしている。