SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

Sansan、名刺アプリEightでのオンライン名刺交換キャンペーンを再開

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 Sansanが提供する名刺アプリ「Eight」は、オンライン名刺交換を通じて働き方の変化を後押しするキャンペーンの再開を発表した。7月8日までの期間中、Eightのオンライン名刺QRコードを使って名刺交換を行ったユーザーにEightプレミアムを1年間無償提供する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 先月、新型コロナウイルス感染拡大防止のために提言された「新しい生活様式」のひとつに「会議や名刺交換はオンラインで行うこと」が盛り込まれた。緊急事態宣言が全国的に解除された現在も、リモートワークやオンライン会議を継続する企業が多く、今後も「新しい働き方」として浸透していくと考えられている。

 その一方、オンライン会議では従来通りの名刺交換ができず、相手方の参加メンバーの部署や役職がわからない、会話のきっかけが掴めない、会議が終わった後の連絡先がわからないなど、さまざまな課題がある。

 Eightは、オンライン名刺交換ができる「QRコード付きバーチャル背景」を自動作成する機能を、先月から提供開始し、ビジネスパーソンをサポートしてきた。機能提供開始と同時にキャンペーンを行い、約3週間で1万人を超えるユーザーがQRコード付きバーチャル背景をダウンロード。QRコードによるオンライン名刺交換の1日当たりの平均件数は、5月末時点で今年1月の約15倍となったという。

 こうした背景を踏まえ、さらに多くのビジネスパーソンにオンライン名刺交換をしてもらい、働き方の変化を応援するべく、キャンペーンの再開を決定した。

オンライン名刺交換キャンペーン

 より多くのビジネスパーソンの働き方の変化を応援するために、下記対象期間でQRコード付きバーチャル背景を使ってオンライン名刺交換を行ったユーザー全員に、Eightプレミアムを1年間無償提供する。

  • 期間:2020年6月8日〜7月8日
  • 条件:期間中にQRコード付きバーチャル背景をダウンロードし、その背景を使ったオンライン名刺交換が成立すること。特典付与の時点でEightを退会していないこと。

Eightのオンライン名刺交換機能とは

 Eightは、2012年のサービス提供開始当初よりオンラインで行える名刺交換機能を提供してきた。現在、次の方法でオンライン名刺を交換することができます。

QRコード付きバーチャル背景

 オンライン会議で名刺交換を行う際に有効な方法。Eightで自動作成される名刺情報(会社名・氏名・役職など)とオンライン名刺QRコードが載ったバーチャル背景をダウンロードし、オンライン会議ツールで背景に設定。会議中に相手にQRコードをスマートフォンで読み取ってもらうだけで、名刺を渡すことができます。Eightユーザー同士の場合は、Eightのカメラボタンより読み取ってもらうと、そのままEight内で名刺交換が成立する。名刺交換が成立すると、通知が届く。相手がEightユーザーでない場合は、通常のQRコードと同様にカメラアプリで読み取ってもらう。相手のスマートフォンで連絡先として電話帳アプリに保存したり、名刺画像を保存したりすることが可能。

その他の方法

 メールやチャットなどでオンライン名刺URLを送付する方法、Eight内で名刺交換リクエストを送受する方法、Bluetoothを活用して対面していても非接触でオンライン名刺交換をする方法など、状況や用途によってさまざまな方法がある。

オンライン名刺交換のメリット

ソーシャルディスタンスを保ちながら名刺交換ができる

 新型コロナウイルスをはじめとした感染症予防に寄与。非接触で名刺交換を行うことで、飛沫感染のリスクだけでなく、紙を媒介した感染のリスクも低減することができる。

オンライン会議中のコミュニケーションがスムーズになる

 対面で名刺交換を行う際と同様に、双方の正確な氏名、役職などがわかり、オンライン会議中のコミュニケーションが円滑になる。また、会社所在地やキャリアサマリ(職歴)などの情報を、会話に役に立てることが可能に。

オンライン会議後も正確なコンタクト情報を活用できる

 会議後の議事録共有や、その後のやりとりの際にも、名刺を元にした正確なコンタクト情報があるため、誤送付等を防ぐことができる。

スキャンする手間がなく即時活用できる

 紙の名刺をスキャンする必要がなく、オンラインで得た名刺情報をそのままEight上で管理・活用することができる。クラウド上にあるアドレス帳として、いつでも名刺を検索・閲覧できるほか、電話アプリや地図アプリと連動して、名刺情報から電話をかけたり、会社所在地までの経路を検索したりできるため、生産性の向上につながる。また、相手がEightユーザーであれば、異動や昇進で名刺が変わったときも通知を受けとることができるほか、相手がEightユーザーでない場合も、所属企業のニュースが閲覧できるなど、さまざまな活用が可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング