Biz/Zineニュース

VISITS社、中小企業庁における補助金審査に「Consulting Cloud」の採用を発表

 VISITS Technologies(以下、VISITS社)の独自のアルゴリズムであるコンセンサス・インテリジェンス技術(CI特許)を搭載し、審査員の評価貢献度を踏まえた審査を行うことを可能にしたイノベーションテックツール「Consulting Cloud(コンサルティングクラウド)」が中小企業庁で採用された。2018年から中小企業庁と補助金審査において実証を重ね、この度2020年度の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の審査業務への適用が決定した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 コンセンサス・インテリジェンス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 従来、ビジネスコンテスト、投資案件の評価、政府の補助金審査などでは、案件審査のため、複数の審査員による投票で評価を行うことが一般的であった。各審査員は、専門性や経験が異なるためその評価貢献度は同一ではないにも関わらず、一人一票として扱われることにより、考慮されるべき意見が適正に反映されない等の課題があったのだという。中小企業向け補助金の審査プロセスでは、多くの審査対象に対して、審査員をランダムに割り当てる形で審査を実施していたが、手法の高度化を探っていた。

 Consulting Cloudを用いた新たな審査方法では、審査員の評価貢献度、つまり「審査対象に対して知見を持っている度合い」の情報を元に、適切な審査員の割り当てや、審査員の採点に重みづけを行った上で応募案件の順位付けを行った。1人の票の重さに対しアルゴリズムで調整をした上で審査を行った結果、従来の方法に比べて審査結果の妥当性が高いと判断されると同時に、貢献度設定時における審査員の評価コメントに対するスコアにも一定の納得感が得らたのだという。

Consulting Cloud

「Consulting Cloud(コンサルティングクラウド)」

 VISITS社が提供するConsulting Cloudでは、独自のアルゴリズムにより、審査員の評価対象への知見や、専門性を算出し、この評価貢献度をもとに一人の票の重み付けを適正化した上で案件評価を行うことを可能にした。テクノロジーを導入し審査員の評価貢献度を定量化することで、審査の精緻化や、評価コメントのスコアリングにより提案者へのフィードバックも適切に出来る。