Biz/Zineニュース

デロイト トーマツとオータパブリケイションズ、観光・ホテル・外食業界における事業再生・再編で協業

 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)は、オータパブリケイションズと観光・ホテル・外食業界にかかる事業再生・再編分野での協業に関する契約を締結し、それぞれの強みを持ち寄ったサービスの提供を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 コロナ禍 企業再生 事業計画分析 再建計画策定

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DTFAは、主に日本企業の事業計画分析業務(インディペンデント ビジネス レビュー:IBR)、再建計画策定支援、金融機関との交渉支援、スポンサー選定支援等をはじめとした多くの事業再生・再編支援業務を提供している。

 一方、オータパブリケイションズは、観光・ホテル・外食業界を専門とする雑誌「週刊ホテルレストラン」および関連書籍の出版・販売、観光・宿泊業界におけるセミナーの実施等、業界固有の経営および業務等の情報提供に関する実績を有している。また、それに伴い、観光・ホテル・外食業界の経営管理、施設運営、人材に係る知見・ノウハウを長年蓄積。

 今後、両社は互いに連携して、コロナ禍において転換期を迎えている観光・ホテル・外食業界の事業再生・再編に資する、以下のような支援サービスを強化すると述べている。

  • 観光・ホテル・外食業界における事業計画策定・計画実行支援、金融支援・資金調達にかかるアドバイス
  • 観光業界におけるサプライチェーン再構築を企図した事業再生・再編プランの策定支援
  • 観光・ホテル業界におけるロールアップ戦略策定・実行支援など