Biz/Zineニュース

アクセンチュア、N3の買収で合意 インサイドセールス支援サービスを強化

 アクセンチュアは、非接触型営業(インサイドセールス)の支援サービス強化に向け、テクノロジーを活用した非接触型の営業活動や新規案件創出サービスを展開するN3を買収することで合意した。アクセンチュアは、本買収を通じて、N3が擁する約2,200人の従業員を世界各国の拠点に迎え入れ、人工知能(AI)や機械学習に関する知見やソリューションのさらなる拡充を図る。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 インサイドセールス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 N3は、クラウドやソフトウエアプラットフォーム、5Gネットワークといった複雑さを伴う分野に精通した営業の専門人材が、クラウドベースのAIや機械学習のテクノロジーを駆使して、顧客接点や売上の強化を支援するビジネスモデルを展開している。アクセンチュアは、業務の超自動化やインテリジェント化を推進するプラットフォーム「SynOps」に、N3が有する知見やソリューションを組み合わせることで、お客様が数ある顧客接点から、売上拡大に資する洞察を導き出すための提案ならびに支援をより効率的に行うことが可能になるとしている。

 アクセンチュアのオペレーションズ担当グループ・チーフ・エグゼクティブであるマニッシュ・シャルマ(Manish Sharma)氏は、「BtoB領域のバイヤーは、複雑さを伴うサービスを購入する際であっても、消費者としてAmazonを利用する際と同等の使い勝手を期待しており、新型コロナウイルス感染症の拡大によってこうした期待は高まる一方です。N3の魅力は、お客様が営業に関する障壁を取り払い、最終顧客がより良い購買決定を行えるよう、各分野に精通した営業の専門家とテクノロジーが最適な形で協働していることにあります」と述べた。

 また、N3の創設者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ラウエ(Jeff Laue)氏は、「当社がアクセンチュアに加わる決断を下した理由は、人材の育成、サービス提供能力の強化、自社の強みや価値の補完といった観点で、さらなる成長の機会を創出できることにあります。アクセンチュアの一員として、差別化をもたらすデータ主導型のアプローチを通じ、お客様が注力すべき営業活動に専念して、持続可能な成長を実現できるよう尽力してまいります」と話した。