Biz/Zineニュース

グッドパッチ、持続可能な社会の実現を目指す企業・団体・NPO法人に対して無償でデザイン支援を開始

 グッドパッチは、持続可能な社会の実現を目指す企業・団体・NPO法人に対して無償でデザイン支援を開始することを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 SDGs デザイン経営 サステナビリティ 持続可能性

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グッドパッチでは、創業当初からこれまで、企業が持つビジネス課題をデザインで解決するべくデザインパートナーとして大企業からスタートアップまで支援してきた。Webやスマホアプリなどの使い勝手の良いUIの実現や、サービス利用時のUX設計を強みとし、事業成長に寄与するUI/UXデザイン、ビジネスモデルデザイン、ブランド体験デザイン、デザイン組織構築、ソフトウェア開発までデザインにまつわる様々な知見と実績を有している。

 グッドパッチは、持続可能な社会の実現にデザインの力が有用だとし、社会課題の解決を目指す活動は必ずしも営利と結びつかないこともあり、投資余力が限られることが一因となってデザインの力を活用できない現状を認識。社会課題に向き合う挑戦者の支援を通じ、ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させるというビジョンの実現を目指すとしている。

デザイン支援の概要

対象:「経済成長」「社会」「環境保全」など持続可能な社会の実現を目指す企業・団体・NPO法人

  • 例1:効果的な学習環境づくりや福祉を促進する取り組み
  • 例2:活用可能な資産を共有するシェアリングエコノミー事業
  • 例3:働きがいのある仕事を推進するサービス
  • 例4:貧困問題解決や差別解消を促進する取り組み、など(※国連で採択されたSDGsの17の目標を参考にグッドパッチ独自の基準で選定します)

主な支援内容

  • 価値の言語化(企業の提供価値の整理・構造化 等)
  • ブランド設計(ブランド・アイデンティティの構築 等)
  • ブランド浸透(コミュニケーション設計、ツール展開 等)
  • 事業戦略立案
  • 新規事業創出
  • サービスデザイン
  • プロダクトデザイン
  • UI/UXデザイン
  • ソフトウェア開発 など

備考

  • 備考1:無償支援には期間・内容の上限がある。詳細は支援企業に個別に案内する
  • 備考2:一連の支援活動については、GoodpatchのPR活動の中で公開する場合あり