Biz/Zineニュース

ドコモ、京急電鉄ら、5GとAIを活用した鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視の実証試験を開始

 中央復建コンサルタンツ、NTTドコモ(以下、ドコモ)、京浜急行電鉄(以下、京急電鉄)、横須賀市は、鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視システムの実証試験を、京急電鉄の久里浜工場で12月21日から開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 5G 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この実験では、鉄道車両や線路の4K映像を撮影し、5G網内のクラウド基盤において人工知能(AI)の深層学習(ディープラーニング)でリアルタイム解析した後、即座に遠隔監視室に配信する。5Gを活用したリアルタイム4K映像配信において、高速AIディープラーニング解析を実現するのは、国内初の技術だという。このシステムにより、リアルタイムで精度の高い遠隔・自動監視を実現し、鉄道インフラ維持管理の効率化や旅客・鉄道係員の安全性の向上を目指す。また、横須賀市が地方自治体の視点で、公共インフラの維持管理への活用可能性の検討に参加することにより、全国の「鉄道以外のインフラ」への技術の応用も検討していく。

 この実証は、総務省事業である「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証に係るインフラ分野におけるローカル5G等の技術的条件及び利活用に関する調査検討の請負」を、4者がコンソーシアムを組んで実施するもの。実証では、中央復建コンサルタンツの知見とドコモの技術を掛け合わせて効率的なインフラ維持管理システムを実現し、産学官連携を通じて多業種への技術展開を図るとしている。

各者の役割

  • 中央復建コンサルタンツ:実証実験の全体を総括(コンソーシアム代表者)
  • ドコモ:5G・MECクラウド環境構築、4K映像配信・AI解析システムの構築
  • 京急電鉄:実証フィールド提供
  • 横須賀市:地域における課題提供および地域横展開に向けた知見の提供