Biz/Zineニュース

東芝デジタルソリューションズ、IoTを使ったビジネス展開をサポートするプラットフォームを提供開始

 東芝デジタルソリューションズは、東芝と同社が発起人となり、2020年3月に設立した「ifLinkオープンコミュニティ」の会員企業を対象に、既存のIoT機器やWebサービスを組み合わせ、誰でも簡単にIoTサービスをつくりあげることができる共創型IoTプラットフォーム「ifLinkプラットフォーム」を提供開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 事業開発 プラットフォーム

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ifLinkは、東芝デジタルソリューションズが開発した、ユーザーが自分で機器やWebサービスを連携できるIoTプラットフォーム。IF-THEN型の設定を行うだけでスマートフォンを通じて簡単にさまざまなIoTデバイスと連携でき、たとえば「ある部屋に入ったら」という「IF(条件)」に「部屋のライトが光る」といった「THEN(アクション)」を組み合わせることで、部屋への入室をセンサーが感知すると自動で照明がつく、というシステムを簡単に構築することができる。

 従来のIT産業においては、一社がすべての製品機能を製造、開発し、顧客に提供してきたが、技術範囲の広いIoTにおいては、一社で機器、通信、Webまでを一貫して提供するのではなく、複数社が共同でサービスを提供する枠組みが求められている。このプラットフォームでは、IoTデバイスや、Webサービスの機能を「ifLinkモジュール」として部品化。ユーザーは、このifLinkモジュールを自由に組み合わせた「ifLinkレシピ」を作成することで、簡単にIoTサービスを作ることができる。これにより、IoTデバイスやネットワーク接続に要する技術的なハードルを下げ、これまでIoTサービスの提供に関わるのが難しかった人や企業とともにサービスを共創、開発することが可能になるとしている。

 今回提供を開始するifLinkプラットフォームは、主に、自社サービスをユーザーに商用展開するifLinkオープンコミュニティの会員企業向けに、まとまった規模で提供することを想定している。今後、さらなる普及を促進していくため、少量でも契約、利用できる一般利用者向けの提供を展開していきく予定だという。