Biz/Zineニュース

フューチャーアーキテクト、地域金融機関向け次世代バンキングシステムの提供に向けた取り組みを開始

 フューチャーアーキテクトは、新しい時代の地域金融機関の業務・サービスを実現しビジネス変革を推進するため、新コンセプトの基幹業務システム『次世代バンキングシステム』の提供に向けた取り組みを2021年1月から本格的に開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 金融 DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くの地域金融機関では、長年繰り返された機能改修により、基幹系システムのアプリケーション構造が複雑化し運用コストが高止まりしている。この複雑化・硬直化したレガシーシステムが足枷となり、時代の変化に対応した経営戦略や業務変革の実現を妨げ、戦略投資への余力を生み出しにくい状況にある。

 フューチャーアーキテクトは、これらの課題解決のため、新しい時代の地域金融機関に求められるサービスを再定義し、ゼロベースで最適を追求した新しいコンセプトの基幹業務システム『次世代バンキングシステム』を提供し、ビジネスの変革を支援する。

『次世代バンキングシステム』の特長

  • アプリケーション構造のシンプル化・コンパクト化によるスピーディな経営戦略の実現
  • バッチレスによるリアルタイム情報を活用した顧客サービスの拡充と質向上
  • オープン技術、クラウド活用による技術変化への柔軟な対応力と自由度の高いIT戦略の実現
  • コア業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進とコンサルティングサービスへのシフト