Biz/Zineニュース

NFTデジタルアートを展示するデジタルミュージアム「CryptoArtTown」がオープン

 VRコンテンツを制作するwithIDは、デジタル分野で世界を代表するアーティストが制作したNFTデジタルアートを展示する、デジタルミュージアムCryptoArtTownを制作した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] VR アート NFT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CATは、NFTに表象されたデジタルアートに特化して、すべての時間帯が同居した幻想的な空を巡りながら、作品を展示・鑑賞するための体験型デジタルギャラリー。

 特別な機材を必要としないWebVR方式を導入しており、PCやスマートフォンのWebブラウザからVRで体験することができる。また、アートギャラリー内から、NFTマーケットプレイス“opensea”へ直接移動し、暗号資産「イーサリアム」による支払いが可能となっているという。

 NFTアート専用のデジタルミュージアムは新しい試みということもあり、誰でもスムーズに鑑賞できるようなシンプルかつ明快な構成をアイデアの軸としている。Web特有のスピード感での作品数変化にフレキシブルに対応できるよう、CATは非常にシンプルな3つのパーツから構成されている。そのため、展示規模の拡縮を正円の半径を調節することでコントロールできるとしている。