SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

日本国土開発がSAPの次世代ERP「SAP S/4HANA」を本番稼働

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 SAPジャパンは、日本国土開発がSAPの次世代ERPスイートの最新版「SAP S/4HANA」の本番稼働を2020年6月に開始したことを発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 日本国土開発は、従来からの課題であった経営管理情報の可視化や業務効率改善を解決するべく「SAP S/4HANA」を採用。工事の受注から原価管理まで「プロジェクト管理」を活用し、一気通貫で繋がる基盤構築とBPRの実施を推進する。SAPの標準機能にて「統制面の強化」「収益認識基準変更への対応」「業務の平準化」を図りながら、現場部門に使いやすいユーザーインターフェイスを実装し、「経営管理情報の可視化」を実現する経営基盤を確立したという。

 また、建設業界の標準EDIに準拠し、見積・注文・出来高・請求業務をサポートするクラウドサービスである「CIWEB」と基幹業務システムとの連携により、効率的な業務プロセスを実現。今後はさらに連携を拡張し、エンド・ツー・エンドでの業務プロセスの効率化を推進していくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング