Biz/Zineニュース

帝人ファーマとジョリーグッドがうつ病向けデジタル治療VRを共同開発を推進

 ジョリーグッドは、帝人ファーマとVRを用いたうつ病向けのデジタルセラピューティクス(以下、うつ病向けVR DTx)の共同開発契約を締結した。うつ病向けVR DTxの薬事承認を目指して共同で開発を推進していく。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] VR 業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の提携は、2020年12月に帝人ファーマが実施した、在宅医療分野の公募型事業共創プログラムにおいて、ジョリーグッドが「Home Healthcare Award」を受賞したことが契機となっているという。ジョリーグッドが推進する「精神疾患を対象にした認知行動療法VRの開発」というテーマについて、両社の強みや事業領域を踏まえて具体的な検討を進めた結果、ジョリーグッドのVR技術と帝人ファーマが持つ知見や技術を組み合わせることにより、医療者をサポートし、患者さんのQOL(Quality Of Life)向上への貢献ができると両社で合意したため、今回の共同開発契約に至った。

 今後ジョリーグッドと帝人ファーマは、うつ病向けVR DTxの薬事承認を目指し、システムおよびコンテンツの開発や治験を共同で推進していくとしている。