SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

冨山和彦氏と入山章栄教授が語る、日本企業の経営者が知るべき「DXの思考法」と「UXの本質」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

日本企業の経営者が身につけるべき「DXの思考法」とは?

 そもそもDXの本質とは、新しいテクノロジーによって産業や市場の構造が変わり、それが経営にインパクトを与えることにある。たとえば、スマートフォンが登場し、iOSやAndroidにOSが共通化した途端にガラケーのビジネスは消滅した。しかしながら、日本ではそうした事象が頻発する中でも、迅速かつ適切な撤退や進路変更などの意思決定ができていないという。

 冨山氏は「コロナ禍によってDXは進み、シビアな意思決定がさらに求められる。数年後に残っている企業がどれだけいるだろうか」と懸念を示す。そして、そうした状況を打開するために経営に求められるのが、“探索”と“深化”という「両利きの経営」というわけだ。かつて「イノベーションのジレンマ」では、イノベーターが次に来るイノベーターに駆逐される皮肉を指摘した。それを乗り越えるためには、「イノベーターがなぜイノベーターでなくなってしまうのか」という問いのもと、「新たなイノベーションを起こす仕組み」を“探索”することが重要になる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング