SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

冨山和彦氏と入山章栄教授が語る、日本企業の経営者が知るべき「DXの思考法」と「UXの本質」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

リアルとバーチャルが融合する“DX第2戦”では、日本にも勝機がある

 遠藤直紀氏の問いかけに対し、入山教授は「体系化されておらず、経験者からの暗黙知で伝えられるものはあるかもしれないが、完全ではない」と答え、「先程も話したように、ビジネススクールなどの座学ではナレッジの提供がメイン。その上で、いかに経験者の知見に触れ、自身の経験を積むかが大切」と語った。

 一方、冨山氏がグループ会長を務めるIGPIの場合は、3〜4年ほどで知識やスキルを得て、ハンズオンで経験し、ミドルマネジメント的な意思決定を行い、パートナーや買収事案などで実践することになる。また、意思決定に立ち会えるという意味で、社外取締役も推奨しているという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング