SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

冨山和彦氏と入山章栄教授が語る、日本企業の経営者が知るべき「DXの思考法」と「UXの本質」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“本気の”改革には探索型グロースチームの立ち上げと継続が必要

 必死に改善を積み重ねてきたのに、成熟化・コモディティ化によって価格競争に巻き込まれるのは残念なこと。自社の顧客価値が部分にとどまっていると気づいたら、その全体設計を考えてみる。コマツも全体図を捉え、トップダウンで決定したことが、トータル価値を提供する施工ソリューション「スマートコンストラクション」につながったという。

 冨山氏は「今はもはや、ネット空間がリアルで、物理空間のほうがサブリアル。それは人の関係性においてもリアルに実感できるのではないか。これまでの物理空間の事業構造がピラミッド型だとすれば、サイバー空間での事業構造はフラットで、いわばミルフィーユのような形状になる」と解説し、「構造の中ではUXレイヤーが提供価値を握り、その下にピラミッド型でハードが連なる。自分たちの事業がどこで収益を出すかを真剣に考えなければ、気がついたらUX部分を取られてハードのみということになりかねない」と警鐘を鳴らした。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング