Biz/Zineニュース

LINEとフィードフォースが業務提携 EC・実店舗のユーザー体験の向上とデータ活用基盤を構築

 LINEとフィードフォースは、業務提携契約を締結し、SaaS型のEC事業者向けLINEログインパッケージと、実店舗事業者向けのLINEミニアプリを活用した会員証パッケージの共同開発を行うと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] SaaS LINE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 両社は、国内で月間約8,800万人が利用するLINEをプラットフォームに、フィードフォースがTechnology Partner/Sales Partnerとして積み上げてきたLINEログインとLINEのユーザーIDを活用したマーケティングの知見と実績を発展させるべく業務提携を行い、新たにそれらを簡単に導入することが可能なパッケージとしての提供を目指すという。

具体的な取り組み

1.EC事業者向けLINEログインパッケージ

 ECサイトにLINEログインとMessaging APIを簡単に導入できるID連携サービス。LINEを活用したCRM/One to Oneのコミュニケーションを実現するために必要な機能を、まとめて導入することができる。

  • LINEログインによる会員登録率の向上
  • 自動ログインとLINE通知メッセージによるユーザー体験の向上
  • ECサイト上の行動データにもとづいたコミュニケーションによるリピート率向上
  • 親和性が高い見込み顧客への広告配信による新規集客

2.実店舗事業者向け会員証パッケージ

 LINEアプリ上にデジタル会員証を作成できるサービス。会員証をLINEミニアプリとして搭載することで、LINEを通じた会員管理とコミュニケーションの自動化・最適化が可能となる。

  • 会員管理機能の提供
  • 会員証のデジタル化によるユーザー体験の向上
  • 会員証発行の店頭オペレーションコスト削減
  • 実店舗の購買データにもとづいたコミュニケーションによるリピート率向上
  • 親和性が高い見込み顧客への広告配信による新規集客

 両社は今後、LINEのユーザーIDを軸に、様々な他サービスと連携可能なマーケティング基盤を構築し、加えて各領域の事業者様とも連携することで、あらゆる場所でLINEが活用され、ユーザーの利便性が向上するECおよび店舗のDX推進を目指すとしている。