Biz/Zineニュース

サイバーリンクスとシーネット、物流DXで連携 サプライチェーン効率化を支援

 サイバーリンクスとシーネットは、シーネットが提供する倉庫管理システム「ci.Himalayasシリーズ」と、サイバーリンクスが提供するEDI効率化支援サービス「クラウドEDI-Platform」の連携を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] サプライチェーン DX 物流 小売 EDI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーリンクスとシーネットは、シーネットが提供する倉庫管理システム「ci.Himalayasシリーズ」と、サイバーリンクスが提供するEDI効率化支援サービス「クラウドEDI-Platform」の連携を開始した。

 「ci.Himalayasシリーズ」と「クラウドEDI-Platform」と連携することで、個別の設備投資を行うことなく、多くの企業がインターネット回線等を利用したEDIへの切替を迫られているEDI2024年問題への対応が可能となるという。また、流通BMSをはじめとする多種多様な通信手順にも対応し、サプライチェーンの効率化及び物流DXの推進が可能になるとしている。

 今後、両サービスの連携によって、物流コスト低減や在庫把握、販売予測と供給計画、賞味期限の一元管理などにより、サプライチェーン全体の効率化を支援し、食品ロス問題対策に貢献していくという。