Biz/Zineニュース

TIS、5Gなど最新技術を活用したビジネス共創を促進するラボ・ショールームを開設

 TISは、5Gを含めた新技術の研究・実証のための共創型ラボと、最新デジタル技術を体感できるショールームで構成される「TIS DIGITAL Innovation Center」を豊洲オフィスに開設した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 5G 共創 ショールーム TIS ラボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISでは、今後社会実装が進むといわれるSub-6、スタンドアロン(SA)構成の5Gを活用できる検証環境を整備すべく、2020年度よりローカル5G基地局の立ち上げを進め、2021年4月に総務省よりローカル5G無線免許を取得している。その基地局を活用し、5G/ローカル5G、Wifi-6等の最新無線技術、AI、XR等の最新テクノロジーを活用し、新サービスや新技術の検証・実証実験を行う共創型ラボとテクノロジーを体験できるショールームを開設した。  ラボでは、顧客やパートナー企業とのビジネス共創のきっかけをつくり、新たな価値提供・価値創出を行う。ショールームでは、最新テクノロジーを体験することで、ビジネス課題解決に向けた気づきを得ることを目的としているという。  TISは、TIS DIGITAL Innovation Centerを活用し、顧客やパートナー企業、TISインテックグループ各社と5Gをはじめとする最新技術を活用したサービス・ビジネスを共創し、社会課題の解決を目指すとしている。