SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

博報堂メディカル、アドビとの協業で製薬業界に特化したDX支援サービス提供開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 博報堂メディカルは、製薬企業の医療用医薬品プロモーションにおけるDXをサポートする専門部隊「Medical DXチーム」を発足し、アドビとの協業によるサービスの提供を開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 製薬業界の医療用医薬品プロモーションにおいては、デジタル技術の進化や医療環境の変化、さらにはCOVID-19の影響により、患者・家族・医療関係者への情報価値の最大化、コミュニケーション活動の効率化、製薬企業内の業務効率化に向けたマーケティングオートメーション(以下、MA)の導入をはじめとするDX が加速しているという。

 一方で、様々な課題により目指すゴール到達に時間がかかっているのが現状。博報堂メディカルは、製薬業界のDXサービス支援の課題を解決するために、創業以来培ってきたコミュニケーションプラン策定やプロモーションツール作成などにおけるメディカルコミュニケーションの知見とデジタルに精通したスタッフによるデジタルソリューションのノウハウを統合した専門部隊「Medical DXチーム」を立ち上げた。加えて、優れたCXM(顧客体験管理)基盤であるAdobe Marketo Engageを保有するアドビとの協業によりシステムコンサルティングからコンテンツ制作、ソリューション実装に至るまで一気通貫で支援することが可能となり、製薬業界の重要なステークホルダーとなる患者・家族・医療従事者に対して、迅速に最適なコンテンツを最適な接点にて創出し届けることが可能となったとしている。

「Medical DXチーム」の特徴と成果

  • 医療用医薬品のマーケティングに精通し、デジタルならではのクリエイティブ/コン テンツ制作のノウハウとナレッジをもった博報堂メディカルのスタッフで構成
  • アドビの専門チームが提供するデータ分析に基づき、両社のディスカッションを踏まえたデジタルコミュニケーションのPDCAサイクルを高速で回すことが可能
  • 製薬会社のDX推進のプロジェクトセットアップから、複数領域における医療従事者向けコンテンツ戦略立案および制作、オウンドサイトへの掲載、初回Adobe Analyticsによる分析までを約6カ月で達成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング