SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

出光興産ら3社、宮崎県国富町でエネルギーマネジメントに関する実証運用を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 出光興産、日本ユニシス、スマートドライブの3社は宮崎県国富町と共同で、国富町役場に太陽光発電システム、蓄電池、EV充放電器、EV充電器、EV(公用車)からなるリソース群、およびEV稼働状態予測に活用する車両管理システムとエネルギーマネジメントシステムを導入した実証環境を構築。「自治体公共施設における太陽光発電システム、蓄電池、EVを活用したエネルギー利用の最適化と災害時のレジリエンス向上のためのエネルギーマネジメント実証」のシステム運用を、2021年10月1日より開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本実証実験では、出光興産と日本ユニシスが、出光興産の子会社であるソーラーフロンティアの国富工場における実証実験にて基礎検証を行ったエネルギーマネジメントシステムを活用。国富町の協力の下、町役場における日々の電力とモビリティ利用に実証機器の充放電制御スケジュールを最適化する検証を行うことで、エネルギーコストや環境負荷の低減、および災害時のレジリエンス向上につながるシステムを構築するという。

 3社は今後、本実証実験で得た知見を基に、今回構築したシステムを活用して自治体への再生可能エネルギーの導入、モビリティの電動化によるエネルギーの脱炭素化促進に取り組むほか、災害時のレジリエンス向上に資するサービスの構築を目指すとしている。

実証内容
  • 車両の予約情報と走行データを活用した、EV稼働状態予測に基づく充放電計画の最適化
  • 太陽光発電、EVおよび蓄電池など、分散型電源の特性を踏まえた複合制御による電力のピークカット
  • 停電時の電力供給を考慮した蓄電池・EVの充電残量制御
  • EV導入と、太陽光発電システムからの電力供給によるCO2排出削減
  • EVシフトを見据えた車両の移動データと電力データの統合可視化
各社の役割
  • 出光興産:事業モデルの検討/機器構成を含むシステム全体検討/各種リソースの提供/充放電計画の作成/蓄電池・EVなどの充放電遠隔制御/CO2排出削減量評価
  • 日本ユニシス:リソース制御システム「Enability EMS」の提供
  • スマートドライブ:「SmartDrive Fleet」および「Mobility Data Platform」の提供
  • 国富町:実証フィールドの提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング