SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

MIT石井裕氏が語る、独創的なアイデアを具体化し「世界中の人々をインスパイアする」ビジョンの作り方

講演者:MITメディアラボ 副所長 石井 裕氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“海岸線”を思い描き、新たなビジョンを作り出す

 こうしたビジョンはどのように生み出されるのだろうか。石井氏は、1995年にMITメディアラボへ移籍した際、同ラボの創設者で名誉会長のニコラス・ネグロポンテ氏から「今までやったことを続けるな。まったく新しいことを始めろ。それが人生での最高の贅沢だ」といわれ、NTT時代の「シームレス・インテグレーション」のビジョンを続けるのではなく、新しいビジョン作りを行なったという経験がある。その経験をもとに、石井氏はビジョン作りで大事なものを自身が好きな卓球に絡めて、「前陣速攻・独自のオリジナルな回転・意表をつく新鮮なコース」と説明する。

 「タンジブル・ビット」というビジョンが生まれる際に行なった、具体的な手法はこうだ。まず1995年当時に主流であったコンピューターの入出力方法であるグラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)、つまり「目に見えて、一人の人間がリモートで操作でき、さまざまな目的に使える入出力方法」に対して、まったく異なる軸を考えた。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング