SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

デロイト トーマツ、ユニ・チャームとスコープ3を含む包括的なGHG排出量可視化プロジェクトを開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング(以下、デロイト トーマツ)はユニ・チャームと、ユニ・チャーム製品の製品別GHG(温室効果ガス)排出量の開示を目指し、スコープ3を含む包括的なGHG排出量可視化プロジェクト(以下、本プロジェクト)を開始した。

 本プロジェクトは、ユニ・チャームが2020年5月に公表した「環境目標2030」および同年10月に公表した中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」において掲げた「気候変動対応」への取り組みをより強力に推進するも。本プロジェクトは、ウェイストボックスとの連携をはじめ、カーボンニュートラルの包括支援に知見・経験が豊富なデロイト トーマツが支援する。

 具体的な取り組みとしては、「見えて、測れて、手が打てる」を合言葉に、まずは2022年度中にGHG排出量可視化基盤の構築を実施し、再エネ・省エネ率の改善に向けた基準となるデータ収集を実施。また、具体的な算定運用を開始するとともに、製品別GHG排出量の開示ならびに、排出量削減効果に向けた取り組みを実施するという。

 なお、スコープ3可視化の実現に向けてはサプライヤー企業、ベンダー企業との連携が不可欠であり、今回のプロジェクトではサプライヤー企業・ベンダー企業の自助努力を加味した環境価値向上に資する一次データ連携をはじめ、サプライヤー企業、ベンダー企業と協働でカーボンニュートラルに貢献するビジネス・業務基盤の構築に向けた取り組みを実施する。

 また、本プロジェクトを通じて将来的に社会全体におけるカーボンニュートラルへの貢献を目指し、自社のサプライヤー企業、ベンダー企業へのさらなる貢献を見据え、同業他社も含む消費財業界における業界横断の基盤整備の一翼を担っていくことを目指すという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング