SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ソフトバンクとホークス、PayPayドームをメタバース化 アバター同士の交流やAR演出イベントを提供

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスは、福岡PayPayドームのメタバース化で協業し、5月27日より2つの取り組みを実施すると発表した。

 なお、以下2つの取り組みは、ソフトバンクが提供するコンテンツサービス「5G LAB」のラインアップとして展開するという。

バーチャル空間に再現したPayPayドームへの来場体験ができるサービス「バーチャルPayPayドーム」の提供

 「バーチャルPayPayドーム」は、3Dオブジェクトで再現したPayPayドームにスマートフォンなどのブラウザからアクセスし、ドームの内外を3Dアバターで自由に散策したり、ジェット風船を飛ばしたり、アバター同士がチャットでコミュニケーションを楽しんだりできるサービス。野球の試合中には投球を解析し、準リアルタイムにボールの軌跡をバーチャル空間に再現する取り組みを実施するとしている。

 同社は今後も、再現する空間の拡張やアトラクションを追加していき、将来的には現実空間で行われる福岡ソフトバンクホークスの試合を、まるごとバーチャル空間で配信すると述べている。また野球だけでなく、コンサートなどのエンタメコンテンツもバーチャルPayPayドームで再現することを目指すとしている。

PayPayドーム来場者にARを活用した新たな体験の提供

 現実空間におけるメタバースの取り組みとして、5月27日から29日まで同ドーム来場者を対象に、VPSの活用により現実空間と融合したAR演出を楽しめる様々なイベントを実施するという。今後は、同ドームでARを活用した周辺店舗との連携などを実施し、現実空間におけるメタバースの体験を充実させていくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング