SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineブックレビュー

『シン・物流革命』DX時代のビジネス存続に欠かせない、サプライチェーン変革の先にあるものとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

時代は“商物一致型”から「商物分離型」へ

 アマゾンや楽天市場、ZOZOTOWNなどの事業は、コロナ禍で売上高を大きく伸ばした。これらに共通するのは、商流と物流を分ける「商物分離型」のモデルである点だという。

 たとえば実店舗では商品を購入する際、レジでの決済と商品の交換を同時に行う。これを「商物一致型」と本書では呼んでいる。しかしECサイトで商品を購入した場合、購入(商流)はその場でワンクリックで済むが、その後商品は物流センターを経由して、消費者のもとへ送られてくる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
Biz/Zineブックレビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング