SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

ロナルド・ハイフェッツ氏が語る、リーダーシップとマネジメントの違い──適応課題の特徴とその対処とは?

講演者:ハーバード・ケネディスクール ロナルド・A・ハイフェッツ氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ハーバード・ケネディスクールで39年間にわたりリーダーシップを教え、ハーバード卒業生の「最も影響を受けた授業」に選出されたロナルド・ハイフェッツ氏。『最難関のリーダーシップ』および『最前線のリーダーシップ』(共に英治出版)の著者としても知られる氏が、7月に開催された「Unipos Human Shift Conference 2022」にて、日本のビジネスパーソンに向けて講演した。個と組織の可能性を最大限に引き出すリーダーシップのあり方について語られた内容をレポートする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

現代に不可欠な「適応課題」の解決とリーダーシップ

 ハイフェッツ氏は医師として最初のキャリアをスタートした。しかし、刑務所での仕事で得た気付きをきっかけに、患者という個人に対してよりも組織や政治のレベルに対して貢献したいと考えるようになる。中でもビジネスと政治におけるリーダーシップに関心をもったのは、企業のCEOなどを診察する機会を通じ、権威をもつ人たちの課題を知ったことからだったと振り返った。

 氏によると、リーダーシップは研究の分野としては未熟で、研究者間で共有・合意されている基本的な用語も確立されていない。故に、リーダーシップを実践しようとする人は、拠り所となる明確なアイデアや理論が見つからない状況にある。そのような中でハイフェッツ氏は、人々が自分の置かれた状況をより明確に分析し、前に進む方法を見出だせるよう、リーダーシップの明確なコンセプトの構築に取り組んできた。

 1983年から教壇に立つハイフェッツ氏は、毎学期、学生としてやってくる40〜50カ国の企業やNPOで働く人、政治家などから、事例やストーリーを聞いてきた。氏の理論は、そのような人々の実践に照らして検証されてきたものなのだ。

 まず理解すべきこととしてハイフェッツ氏は、「リーダーシップは実践とみなすべきもので、その点では工学や医学と同じだ」と強調した。皆が役割に応じて決められたことを行えば済む平和で穏やかな時代には、リーダーシップはそもそも必要ない。ある種の問題があるときに、その解決のために実践するもの、それがリーダーシップなのだ。

 ハイフェッツ氏の理論の非常に重要な点が、問題を「技術的問題」と「適応課題」に分けて考えるということだ。例えば、医師は様々な問題に直面するが、その多くは技術的に解決できる。その際に必要とされるのはリーダーシップではなく、権威ある専門知識だ。

 しかし誰もが、リーダーシップが必要な問題、すなわち解決策が見つかっていない問題に直面することがある。解決するには、新しい能力を構築しなければならない。新しいビジネスの方法や人との関わり方、新たな組織のあり方やコミュニティの構築方法を学ぶ必要があるのだ。ハイフェッツ氏は、このような課題を「適応課題」と呼び、「技術的問題」と明確に区別する。

「技術的課題」と「適応課題」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
“小さい保守的な変化”が大きな変革を生む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング