SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

御殿場市とトラストバンク、「デジタル田園都市国家構想」の第一弾としてデジタル地域通貨を導入

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 静岡県御殿場市とトラストバンクは7月20日より、自治体向け地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」を活用し、デジタル地域通貨の導入を開始する。

 御殿場市は、令和4年度の重要施策のなかで静岡県とともに推進している「デジタル田園都市国家構想」の第一弾として、デジタル地域通貨の導入により地域経済の循環を図る。また、プレミアム付き商品券のデジタル化をはじめ、マイナンバーカードの普及促進のためマイナポイントとの連携や、SDGsに関するポイントをデジタル地域通貨に統合することで、市民の利便性を向上させるという。

 トラストバンクは、“誰でも”使える地域通貨の実現を目指し、アプリとカードのハイブリッド型でchiicaを提供。また、実施する事業や施策ごとに有効期限や加盟店を限定するなど、自治体の様々な事業を自由に設計・地域通貨に統合できることで、地域経済活性化や地域課題解決、地域住民の行動変容を目指すとしている。

 なお御殿場は、地域通貨の名称・単位の公募を行い、名称を「富士山Gコイン」、単位を「ダラー」に決定した。

 両者は、御殿場市独自のデジタル地域通貨である「富士山Gコイン」を地域活性化、市内経済循環、地域課題の解決に活用していくという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング