SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

サイボウズ、日本企業初のグローバル持株制度を海外拠点へ拡大 国内は有期雇用メンバーも持株会加入対象へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 サイボウズは、奨励金を100%付与する持株制度をグローバルに展開することを発表した。これまで日本国内で運用してきた従業員持株会に加え、2023年1月より海外拠点へ拡大するCybozu Employee Share Ownership Plan(以下、グローバル持株制度)を導入するもの。同時に国内の従業員持株会においても、これまでの無期雇用メンバーに加え、有期雇用メンバーにまで対象を広げた。

グローバル持株制度導入の背景

 サイボウズでは、2005年4月に日本国内で従業員持株会制度を導入、2005年9月からは、奨励金を100%に引き上げて運用をしてきた。今回、野村證券、Global Shares、Tapestryが新たに提供するグローバル持株制度を利用し、日本企業として初めて国内外を含めたグローバル拠点に在籍する社員へも、持株制度を拡大する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング