SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

ネットフリックスからイノベーションが生まれる理由──能力密度や率直なフィードバックによる組織文化とは

登壇者:INSEAD(欧州経営大学院)教授/作家/組織行動学者 エリン・メイヤー氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 2022年8月に開催された「HR NOTE CONFERENCE 2022」にて、組織行動学者のエリン・メイヤー氏(以下、メイヤー氏)が基調講演を行った。彼女は『異文化理解力─相手と自分の真意がわかるビジネスパーソン必須の教養』(英治出版)の著者であり、2020年に日本語訳が発刊された『NO RULES 世界一「自由」な会社、ネットフリックス』(日経BP)の共著者でもある。本講演では、ネットフリックスの各地のオフィスで行われた膨大なインタビューと専門的見地からの分析から見えてきた、柔軟で革新性に富む組織をつくるための原則や、それを日本企業に適用する方法などが語られた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

組織文化を表現するのに、“絶対的で肯定的な表現”を用いてはいけない

 ネットフリックスに関心をもった理由をメイヤー氏は、「彼らが非常に珍しいことを実現したから」だと語った。「珍しいこと」とは、周囲の環境の変化に応じて頻繁に会社の方向を転換し、業態さえも柔軟に変えて成功してきたということだ。

 ご存知のとおり、同社はDVDを郵送でレンタルする事業から、古い映画やテレビ番組の再放送を配信するストリーミング事業に転換し、最近ではオリジナルの映像コンテンツをつくるメディア企業へと転換を遂げている。創業者のリード・ヘイスティングスCEOは、同社の俊敏性は独自の組織文化によって実現していると考えている。それを公平な視点から分析できる専門家としてメイヤー氏に協力を求め、1冊の本にまとめたのが『NO RULES 世界一「自由」な会社、ネットフリックス』だ。

 メイヤー氏は、研究と執筆の過程で得た一番の学びは、「企業の取り組みやビジネススクールで教えていることの大半が、実は工業時代の残骸である」と認識したことだと振り返る。工業時代の企業は、エラーを排除し、一貫性や再現性を保つことを目指した。しかし現代の多くの組織における最大のリスクは、ミスを犯すことではなく、革新のスピードや柔軟性に欠けることで組織が無用の長物と化すことなのだ。

 そうならないためにはどうしたら良いのか。メイヤー氏は、ネットフリックスの実践から得られるいくつかの具体的な教訓を示した。

 最初の教訓は、「会社の組織文化を表現するのに、“絶対的に肯定的な表現”を用いるのは避ける」ということだ。

 2009年にネット上に公開され、ネットフリックスの組織文化を一躍有名にした「カルチャー・デック」という資料(現在は「カルチャーガイドライン」という名称になり内容もバージョンアップしている)がある。その冒頭では、(巨額の不正会計が明るみに出て倒産した)エンロンが、「誠実さ、コミュニケーション、敬意、卓越性」という聞こえの良い標語をオフィスのロビーに刻んでいたことが指摘されている。

 例えば「誠実さ」は、通常は誰にも否定のしようがない価値で、まさに「絶対的に肯定的な言葉」だ。組織文化を表現するにはこういった言葉を使うのではなく、日常業務の中で直面するジレンマを想定し、そのときにとるべき行動を示すことを、メイヤー氏は推奨する。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
革新性と柔軟性に富む組織にある組織文化とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング