SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

ヤマハ発動機新庄氏が語る「データ分析の民主化」──全社員がデータを“当たり前に”使えるようにするには

Biz/Zine Day 2022 SummerレポートVol.8

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 DXを推進する上で多くの企業がぶつかるのが、DX推進のコア組織と各事業部の間にある温度差や壁だ。コア組織だけが先走っても、現場の課題に則していないから誰もついてこないし、実効性に乏しい。とはいえ現場任せでは、現業に忙しいから、改革は遅々として進まない。このジレンマをどう解決すればいいのか。
 ヤマハ発動機は2017年以降、すべての社員が当たり前にデータを使いこなせる「データ分析の民主化」をテーマとし、社員の教育方針やコア組織の役割を整理し、実践してきたという。今回はBiz/Zine Day 2022 Summerの中から、同社DX推進のコア組織であるIT本部 デジタル戦略部の部長を務める新庄正己氏による講演をレポートする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ヤマハ発動機のDX戦略と「データ分析の民主化」を目指す理由

 オートバイなどの「ランドモビリティ」、ボートなどの「マリン」、産業用ロボットなどの「ロボティクス」や、「金融サービス」といった多種多様な事業を世界中で展開しているヤマハ発動機。「感動創造企業 世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」を企業目的に掲げる同社は、商品・サービスと、それによる体験で顧客を感動させることを目指している。

 今、世の中における“体験”が大きく変化している。あらゆるものがデジタルに置き換わっていき、そしてつながるようになったのだ。そのような潮流に対応すべく、ヤマハ発動機も2017年からDX戦略の検討を開始。トップラインを伸ばしボトムラインを改善する、ブランド価値を高め生涯を通じたヤマハファンを創造する「ビジネスファースト」を目標とし、以下の3つを同時進行で進めることにした。

  • Y-DX1:競争力のある経営システムを構築
  • Y-DX2:今を強くする
  • Y-DX3:未来を創る
ヤマハ発動機のDX戦略
クリックすると拡大します

 これらの変革を、「製品中心」ではなく「顧客中心」の考え方で行っていく。カスタマージャーニーのあらゆる点で顧客とつながり、顧客の期待を超えていくことを目指すということだ。

 この考えのもと、既存事業の強化を目指すY-DX2では、業務をつなげる「スマートオペレーション」、製品とつながる「コネクテッド」、顧客とつながる「デジタルマーケティング」、これらの活動によって蓄積されたデータを社員全員が当たり前に活用できる「データ分析」を重点的に強化することにした。

顧客中心で考えるY-DX2:今を強くする
クリックすると拡大します

 新庄氏は、このうち社員全員が“当たり前に”データを活用できる状態、いわゆる「データの民主化」を重視した理由を説明する。

 1つ目の理由は、彼らの組織やビジネスの規模にある。同社の社員数は本社だけで約1万人、グローバルだと約5万人で、事業領域も多種多様。「これだけの組織とビジネスをコア組織だけでデジタル化するのは到底無理。社員一人ひとりが自分ごととして活動していく必要があった」と新庄氏は述べる。

 加えて、自由闊達、情熱を持った社員が多い社風も関係しているという。「主観、創造力、意志の強さといった強みがある一方で、デジタル社会においては客観性、再現性、合理性の乏しさが弱点になるという危機感があった」と新庄氏。社員一人ひとりがデータという武器を持てれば、こうした弱みを補い、強みをより活かすことができる。

社員すべてがアップデートしなければいけない
クリックすると拡大します

 こうした理由から、同社は「すべての社員が当たり前にデータを使いこなせる」状態を目指してDXを進めていくことになったのだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
コア組織が主導して進める「データ分析の民主化」3つのステップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング