SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

データ分析×ロジカルシンキング

制約と闘いながら「抜け漏れ」のないロジカルな分析をする方法

第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

時間の制約の中で「漏れやダブり」なく仮説検証する

 漏れなくダブりなく仮説を挙げて、全てを検証するといった場合、時間的な制約の中でアウトプットを出す必要が生じます。

仮説を漏れなくダブりなく出して検証? どこの世界の話だ?

という声が聞こえてきそうです。確かに、徹底的に精度の高い厳密な分析を行い、その結果を論文やレポートにしてまとめることが仕事であれば、それに数か月の時間を掛けることもアリでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
データ分析×ロジカルシンキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柏木 吉基(カシワギ ヨシキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング